So-net無料ブログ作成
検索選択

“痛み”経ねば気付かぬ…マザコンこそ理想(産経新聞)

【本音で言うちゃる!】〜毒舌記者の子育て論〜

 【相談】親の自覚がわきません。

 3カ月前に第1子を授かりましたが、実感というか、「父親の自覚」がわいてきません。わが子を本当にかわいいと思える時期はいつ来るのでしょうか。(29歳 会社員)

 ■母見て気付いた「無償の愛」

 「父親の自覚」なんて雲をつかむような言葉です。男は生殖活動の最初にかかわるだけなのですから、自覚などなくて当たり前でしょう。

 10カ月の長男がいる僕も、自分が父親になったという自覚が十分かどうか、自分では分かりません。実は一時期、自分の子供だからではなくて、長男の外見が子役タレント顔負けに可愛(かわい)いから、長男を可愛いと思うのではないか、と悩みました。

 しかし、僕の母は違いました。目鼻立ちがはっきりしてきた3〜4カ月以降も、母は長男の外見についてはとやかく言わず、ただ「可愛い可愛い」と抱き上げるのです。孫と子の違いはありますが、僕は頭をガツンと殴られた思いでした。

 これが、梅原猛先生が著書で述べていた「無償の愛」なのだと分かりました。えっ、僕はマザコンか? 当たり前でしょう。そうじゃない男性はいるんですか。

 南昇平(31) 平成13年入社。昨夏、社会部の男性記者で初めて1カ月の育児休職を取得。

 ■“痛み”なくしては親になれぬ

 女性がどうやって親になるのか、考えてみたことはありますか? お腹の中に10カ月入れていたからといって、自然に親になれるわけではありません。

 妊娠がわかった瞬間から、女性は実に多くの喪失と痛みを経験します。酒やたばこといった嗜好(しこう)品の禁止、つわり。体形は無残に変わり、そして出産の激痛。直後から休息、仕事、そして自分の時間を失います。一方の父親は、以上のような苦痛を一つでも経験しているでしょうか?

 女性が感じる苦痛は親への通過儀礼。痛みがあるがゆえに、いや、あってこそ、わが子の大切さを実感するのです。あなたは通過儀礼を経ていないのですから、親の自覚などなくて当然です。

 男性は不利ですね。でもご安心を。1週間ほど奥さんと生活を完全に交代してみてください。終わったころには、きっと嫌というほど自覚が生まれていることでしょう。

 佐々木ふみ(30) 平成15年入社。夫は単身赴任。4歳長男の子育て奮闘中。

【関連記事】
子供の視点が欠けている…政策に苦言 池本美香・日本総研主任研究員
育休女性らの復帰支援施設 P&G、NPOと協力
児童館で育児中のママが交流
「親子サロン」で育児支援
心にしみる母グマの優しさ 児童書『どこまでも』
「はやぶさ」帰還へ

鳩山・小沢氏の「政治とカネ」終盤国会争点に(読売新聞)
東京地検、初のオープン会見=フリー記者、江川さんら参加(時事通信)
<JR武蔵野線>新小平駅で220メートルオーバーラン (毎日新聞)
「嵐」二宮さんの車が自転車と接触、女性けが(読売新聞)
ダイハツ、11万7109台をリコール(産経新聞)

<神社本庁>新総長に石清水八幡宮の田中恒清宮司を指名(毎日新聞)

 全国約8万の神社を統括する宗教法人「神社本庁」は、矢田部正巳総長(73)=三嶋大社(静岡県三島市)宮司=に代わる新総長に、石清水八幡宮(京都府八幡市)の田中恒清宮司(65)を指名した。就任は6月4日付。

 田中宮司は01年、石清水八幡宮の宮司に就任。文部科学省宗教法人審議会委員を務める。

【りこめんど】メディリンク 超小型コードレス心電計(産経新聞)
スパイダーマン姿で強盗=牛丼店で3万円奪う―水戸(時事通信)
経済危機でも科学に投資を=アカデミー連合声明に賛同―学術会議(時事通信)
平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)
<マルチ商法>仮想空間巡り提訴へ 会員「違法勧誘された」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。